研究成果(成果報告会など)

文部科学省国家課題対応型研究開発事業
令和5年度「原子力システム研究開発事業」成果報告会

開催案内

本事業の令和5年度成果報告会を開催いたしますので、以下の通りご案内いたします。
多くの皆様にご参加いただけますよう、よろしくお願いいたします。

  成果報告会
日時 令和6年3月11日(月) 13:00 ~ 17:20
会場 WEB開催 (Webex)
※当日のWEB情報は、参加者の皆さまへ後日ご案内いたします。
申込み 要事前申込み
参加を希望される際は、こちらの申込フォームよりお申込みください。※令和6年3月8日(金)16時締切
※申込フォームにアクセスできない場合は、下記のメールアドレスに、氏名(フリガナ)、所属、役職、メールアドレスを御記入の上、お申込みください。
【メールアドレス】:nsystem※nsra.or.jp(お送りの際は「※」を@半角に置き換えて下さい)。
参加費 無料
内容 研究内容の口頭発表を予定しております。
プログラムはこちら(PDF115KB)よりご確認ください。

※当日の発表資料は、後日掲載予定です。

【当日発表資料】
研究課題名
次世代原子力システム用事故耐性被覆管の照射特性評価技術の開発
大塚 智史(日本原子力研究開発機構)
ハニカム冷却技術による超臨界圧軽水炉のIVR確立
森 昌司(九州大学)
FFAG陽子加速器を用いたADS用核データの実験的研究
岩元 大樹(日本原子力研究開発機構)
廃棄物処分の環境影響を基点とした原子力システム研究
朝野 英一(原子力環境整備促進・資金管理センター)
地震荷重を受ける配管系の非弾性を考慮した高精度シミュレーションモデルの構築
中村 いずみ(防災科学技術研究所)
過酷事故対応電子機器の実用化に向けた耐放射線・高温動作半導体デバイスの高性能化
梅沢 仁(産業技術総合研究所)
可搬型950keV/3.95MeVX線・中性子源による福島燃料デブリウラン濃度評価・仕分けとレギュラトリサイエンス
高橋 浩之(東京大学)
国内の原子力インフラを活用した医用RIの自給技術確立に向けた研究開発
高木 直行(東京都市大学)
高速炉における炉心損傷事故の発生を防止する受動的炉停止デバイスの開発
守田 幸路(九州大学)

※1課題あたり25分(説明15分、質疑応答10分)

ページトップ